先日パンプスメソッド研究所 i/288さまにて
足の計測とフィッティングをして頂きました。

パンプスといえば痛いもの
多少の我慢をして履くもの

というイメージがありませんか?

ぺたんこ靴やスニーカーよりも
パンプスの方がスタイルアップすることはわかっているけど
痛みを圧して履こうという気概も筋力も
年齢が上がるたびに維持するのが難しくなる。

仕方ないので、ここ一番の時だけは頑張って履く!

最近はそんな状態に陥っていた私なのですが・・・

今回お話をいただいてお邪魔した
パンプスメソッド研究所で、足に合うパンプスを
初体験させていただきました☆

こちらは、全日本革靴工業協同組合連合会によるプロジェクトです。

3D計測といって、専用の機械を使用して立体的に
足のサイズと形を測って頂き、
日本人の足を研究して開発された288サイズの中から
自分に最適なサイズのパンプスを選んでもらい
その履き心地を体験できるんです。

other20160826_06

計測の結果、私の足は 22.5 B でした。
「B」というのはJIS規格で定められた足幅です。

A, B, C, D, E, EE, EEE, EEEE, F, G の10段階のうち
一般的にEとかEE、3E、Dなどは売り場でも
よく見かけるかと思いますが
Bってほどんど生産されていない細い足って事(^^;

other20160826_05

この測定データをもとに、288足の中から
私のサイズの周辺のサンプルを何足か出してもらって
フィッティングに入ります。

履き比べのため出してくださったのはこの4足。

other20160826_01-1

フィットコンシェルジュさんに細かくチェックしてもらいつつ。

other20160826_03

実際に立って歩いてみつつ。

other20160826_10

私の場合、計測値上は「B」だった足幅ですが、実際に足を入れてみたところ「A」の方が履き心地が良い事が判明。

other20160826_04
Aという最小サイズの幅が合う人は珍しいようで
コンシェルジュさんも何度も確認してくださいました。

私も、未だかつて体験した事のない感覚に
最初は戸惑い気味でしたが
実際に 22.5 A サイズのパンプスを履いた時って

足が締め付けられる感じ、当たって擦れる感じも皆無で
なんとも言えない軽やかな新感覚なんです。

ジャストフィットするものよりも
大きめ・広めのものの方が、足の各所に当たって痛い
というのも体験してみて衝撃でした。

そして「スニーカーみたい」というと
オーバーかもしれませんが本当に、走れます!

また、自分では気づかなかったのですが
ベストフィットの一足を履いている時は
そうでない一足の時と
立ち姿、歩く姿勢が全然違うんだそうです。

other20160826_02

現在購入できるのがこちらのサンプルと同じ形の
ラウンドトゥのみで、オプションでエナメルや
メタリックな革も選ぶことができます。

購入後一年は、通常のヒール交換はもとより
細かな調整を無料でしてもらえます。

other20160826_08
また今後はポインテッドトゥなど違うデザインのものも
導入を検討されているそうです。
さらに、認証規格に参加するブランドを増やしていくとのこと。

私もその場で注文したくなりましたが
予定外なのでぐっと我慢・・(^^)

靴って、少しくらい痛くてもデザインと価格で
買ってしまって、やっぱり履けないと諦める
という状態が当たり前になっていませんか?

そんな方に是非体験して頂きたいフィッティングです。
(靴の購入は必須ではなく体験だけでもOKです)

NHKで紹介されたため混雑していたそうですが
9月からは少し予約が取りやすいそうですよ音譜

お問い合わせはこちらまで→★パンプスメソッド研究所 i/288★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>