去年の終わりくらいからよく頂くようになった、ビジネスでのブランディングの一環としてのスタイリング。ビジネスの内容は色々なので、スーツだったり一見普通のカジュアル服だったり、お客様によって様々なのですが・・・今回は私のビジネスパートナーでもある小島佳織さん(かおりーた)のスタイリングをご紹介します。

カウンセラー・メンタルコーチとして活動されている小島佳織さんは、私とのコラボセミナーの内容どおり、クライアント様の「自分らしさ」を見つけ表現することをサポートするのに情熱を燃やしています。

そんな彼女がご自身のブランディングで「自分らしさ」を模索していました。私は、かおりーたのスタイリングを担当するのは3回目、ショッピングアテンドは3年ぶりでしたが、その間に、コーチ・指導者として研鑽を積まれてもいました。

まずはBEFOREを見てみましょう(^_^)

kaorita_before

BEFOREのスタイルも、まとまりよく、ご自分の体型を分かったお洋服選びをされています。(私と一緒にセミナーを続けていることもあり、ファッションのセオリーは頭に入っているのですね^^)

今回スタイリングするにあたって、周囲の人に意見をヒアリングしたり、すごく時間をかけてコラージュを作ったり、と真剣そのもの。そして3年計画でブランディングを完成させたいといって、コラージュとともに提示された彼女の要望は

セオリーよりも個性重視。
「華やかさ」をプラスしたい。

 

ちなみに、骨格診断の理論に忠実に、ストレートタイプのシャツ&パンツを着た以前のスタイルはこちら。

kaorita_middle

BEFORE→ AFTERのプロセスの途中のスタイルとも言えますのでMIDDLEとしました(笑)

ピシッとしたシャツもパンツも体型に合っているし似合っている。もちろんスタイルアップしてシュッと見せることに成功しています。しかし「個性」「らしさ」が出ているかというと「?」かもしれません。

上2枚の写真を見ると「華」と「個性」を足したくなる気持ちがとてもよく分かりました。そこで、ファッションカウンセリングでは、その「華」の部分や「なりたいイメージ」「自分らしさ」を明確にし、詳しく掘り下げてお話を聴きました。

自由、楽しさ、躍動感(これは私から見た「かおりーたらしさ」でもあります)

ビヨンセのようなパワフルな突き抜け感が好き

モダンなものが好き

そして私自身、スタイリングプランを立てては修正したり、試行錯誤した結果・・・

AFTER*その1*

kaorita_after01

幾何学模様がダイナミックに入ったワイドパンツに、トレンドのテラコッタカラーのニット、手に持っているのはゴールドのニットブルゾンです。提案したコーディネートの中で、私が個人的に一番彼女らしいと感じるのがこのスタイルかもしれません。

 

次に、ややおしとやかで上品な感じのバリエーションとしてコーデ*その2*

kaorita_after10

ホワイトのガウチョパンツは、品の良さもありながら、両サイドにプリーツが入った個性的な一枚です。ネイビーのブラウスを合わせると清潔感抜群。フリンジがついたマスタードカラーのバッグをアクセントとしておすすめしました。バッグは、バンブーの丸い持ち手がついていたり、パイソン柄のストラップがついていたりと、こちらも奇抜ではないけれどデザインにエッジが効いています。

 

 

*その3*

kaorita_after03

講師として活動したり、きちんとした場面にも対応できるワンピーススタイルです。

 

*その4* 最初のコーデをベージュのブラウスで着まわしできるように。

kaorita_after02

 

*その5* 上のアイテムたちを別の組み合わせで。

kaorita_after04

少し長くなりますが、頂いたスタイリングの感想をご紹介します。

スタイリングをうけてみて

とても良かった!!!笑

私が何をしたいのか、という意図を汲み取って、ファッションで表現してくれました。
「そうそう!そういうことだよね!」
ってすごい納得感がありました。

ショッピング同行前のカウンセリングでは、コラボセミナーのコンテンツなども利用しながら

☆ 表現したい「自分らしさ」とは何か
☆ 理想の女性像やなりたいイメージ

などを伝えたのですが、とても抽象的だったり、まとまりのないイメージだったのに、すぐに核の部分を掴んでくれたような感じがありました。

ちなみに、カオリーヌはこの辺のロジックと感覚とのバランスが絶妙な人だと思います。
感覚的に「分かる、分かる~!」というだけでなく(笑)、左脳的な理解と感性との両方で分かってくれてるな、って安心感があります。

また、カウンセリング時にショッピングの仕方について提案してくれたのが、とても良かったです。
今回の依頼のキモである「個性を出す」ということは、つまり、個性的な洋服を選ぶ、という選択肢があるということ。
とても似合う服があったとしても、洋服の個性が強すぎると、着回すのが難しくなったりするということについて予め説明してくれました。

そういった可能性も含めて、どんなアイテムを買うのか、着回しについてどう考えるか、という話を予めできたことで、ショッピングのイメージがしやすくなりました。
こういった、先回りして準備してくれるところも素晴らしいと思います。
カウンセリング自体も、とても楽しかったです。

スタイリング後の変化や周囲の反応

とても評判が良いですよ!

特に、トゥモローランドで買ったベージュとブラウンの幾何学模様っぽいパンツと白いパンツはテッパンになっております。必然的に着る回数が増えて、早くもヘタるのが心配。

ちなみに、3年ほど前にスタイリングしてもらった時と比較すると、当時は気に入って購入してもすぐに着ないアイテムがありました。それは、着慣れない感じがしたり、今の自分に似合わない感じで恥ずかしさがあったりしたからです。

でも、今回はいきなりヘビロテ。無理せず着れるしっくり感があったのも、とても良かった点の一つですね。

ブランディングの為のスタイリング、大満足の結果になりました。また、継続して依頼します。

髙尾香織について

一言で言えば、バランスの良さ。

知識・論理と感性とのバランス。
主観(お客さんの趣味嗜好など)と客観(一般的な評価)とのバランス。
質と量とのバランス。

多面的に検証するのが癖なのか(笑)、いろんな角度で検討してバランスの良い最終提案をしてくれます。それが素晴らしい。

また、今回特に感じたのは、コラージュの翻訳力、みたいなものです。上手く言葉にならなかった私の葛藤まで見抜いてくれました。さすが!
これは、スタイリングだけではない本質を掴む力、人を見る眼や、意図を汲み取る力とか、そういう総合力が発揮されてるように感じました。
パーソナルスタイリストになるまでの言語学者としての経歴や様々なエッセンスがあるからこそ、できる提案なんじゃないでしょうか。

また、スタイリストとしての評価ではなくなってしまうかもしれませんが、人柄も大好きです。

常に結果にこだわるプロ意識は尊敬しています。
当たり前のことなのかもしれませんが、コスパやコーデのバリエーションを考えたスタイリングを、短時間で効率よく提案してくれることは本当に有難いです。

そして、スタイリストの好みや価値観を押し付けることなく、私の好きなものを尊重したうえでスタイリングを提案してくれるところがとても好きです。
スタイリストに「これが良いですよ!」と提案されたら、自分の好みではなくても、それが正解のような気持ちになってしまいますよね。
でも、偏ったスタイリングの好みや流行の押し売りではなくて、私の好みを尊重してくれることができるのは、理論に裏打ちされたコーデ力があるからなんだと感じました。

長くなってしまいましたが、もう一つ。
お洋服を購入後、撮影会をしたのですが、着る順番一つとっても何度も着替える手間が少なくなるように考えて指示してくれました。
こういう細かい配慮も、お客様目線で考えている人だからこそ、だと思うのです。当たり前のようでいて、なかなかできることではありません。

ありがとうございました(≧∇≦)

kaorita_after08

この笑顔を見るといつも「大丈夫」って思えるんです(個人的に^^)

小島佳織様、本当にありがとうございました!!

***お客様情報***
年代:40代
骨格タイプ:ストレート
パーソナルカラー:イエローベース