パーソナルスタイリストとは、モデルやタレントではない一般個人を対象として、ファッションアドバイスをする仕事です。

具体的には、一緒にお買い物に行ってお洋服やアクセサリーを選んだり、お客様宅に伺ってワードローブを拝見して断捨離をお手伝いしたり、コーディネート方法をお教えしたりするのが主な仕事です。

スタイリストといえば、雑誌やテレビに出てくるタレントやモデルさんのお洋服を用意してコーディネートする役割を思い浮かべる方が多いと思いますが、そういった方々は「メディアスタイリスト」とも呼ばれます。これに対し、パーソナルスタイリストは一般個人のお客様を対象としてファッションをコーディネートします。

しかし、メディアスタイリストとパーソナルスタイリストの違いは、服を着る人が有名人か一般人か、という単純な違いではありません。では一体何が違うのでしょうか?

雑誌やテレビのスタイリストとの違い

一言で言えば、着る人を主役にするかどうか です。

雑誌のスタイリストならば、主役は洋服やバッグや靴であり、モデルはそれら商品を魅せるための「器」のような位置づけです。また、タレント・芸能人のスタイリストはその人を「商品」として売り出すためにイメージ作りをするプロチームの一人です。

これに対して、パーソナルスタイリングの主役はお客様その人です。TPOやお客様のご希望のイメージに合わせることはもとより、お客様ご本人が素敵に輝くようにファッションをコーディネートし、本来の魅力を引き出すことが私たちのミッションだと考えています。

そのためには、何よりもまずお客様のことをよく知ることが必要になります。ファッションの好み、体型、お顔立ち、ライフスタイル、手持ちのお洋服にはどんなものがあるか、どんなことでお悩みか…etc.

そして、肝心のご予算。メディアスタイリストとは違い、パーソナルスタイリングでは、お客様の大切なお金を使ってファッションアイテムを調達しますので、ご予算内でなるだけ無駄のないように、品質と価格のバランスの取れたアイテムをご提案できるよう、事前にリサーチしてプランをたてます。

はじめてのお客様にはファッションカウンセリングを必須とさせて頂いているのは、以上のような理由です。

ショップ販売員やパーソナルショッパーとの違い

お洋服や靴に関するアドバイザーとしては、ショップの販売員や、デパート所属のパーソナルショッパーと呼ばれる方々がいますが、パーソナルスタイリストは一つの店舗やブランドに限定されることなく、様々なお店の品々を比較して購入して頂ける点が違います。また、商品の購入がスタイリストの売り上げには直結していないので、強く商品を勧めたり、お買い物の目的を考えずに勧めたり、することもありません。

買う買わないに関わらずお客様に満足して頂くことと、お客様に真実を伝えることを大切にしています。

上記のとおり、事前にファッションカウンセリングによって、お客様のご希望やご予算などを伺っていますので、それに合わないものや高額商品をいきなりお勧めすることもありません。(予算オーバーをしていてもお勧めしたい商品がある場合は、あらかじめ「少し高くなりますが」とお断りした上でご紹介することはあります)

パーソナルスタイリストの選び方

お客様ひとりひとりの個性や魅力が異なるように、スタイリストにも個性があり、得意なスタイルがあります。価格以外の面でも、ご希望に合ったスタイリストの見つけるためのポイントを以下にまとめてみました。

まずは、スタイリストの得意な、年代・性別・職業・TPO(どんな場面で着る服か?を知るために、そのスタイリストが多く手がけているクライアントの年齢層や職業・性別を見てみてください。弊社では、最も多いのが

  • 年齢:30代・40代
  • 性別:女性7割・男性3割
  • 職業:主婦(専業・兼業)、独身男性・女性
  • TPO:プライベートカジュアル、オフィスカジュアル、イベント

です。(これ以外のお客様を排除している訳ではなく、比率が一番大きいということです(^^)

スタイリング経験が豊富であるほど、その分野における知識・技術も高いと判断できますので、ご自分のプロフィールに近いお客様が多いスタイリストを選ばれることをおすすめします。

次に、センスとテイスト。「好きだな」と感じられるスタイリングをしているスタイリストかどうか、スタイリストのセンスがご自分の好みに合っているかどうかを、お客様事例集(Before/After)や、スタイリスト自身のコーディネート画像などをご覧になって確かめてみてくださいね。

とはいっても、お客様のなかには、ファッションに苦手意識があったり、好きかどうか自体が判断できない、という方もいらっしゃいます。そういう方は無理に「好き」を見つける必要はありませんので、下記の判断基準を参考にしてみてください。

それは、スタイリストが何を大切にしてスタイリングを行っているか、です。ブログやWebサイトにある、お客様からのご感想や、スタイリングを行う上でのポリシーや心がけを言葉にしたり、実際のスタイリングの様子を掲載しているスタイリストも多いので、目を通してみてくださいね。弊社では

  • 単なる「変身」ではなく、お客様「らしさ」を大切にして、魅力を引き出すスタイリング
  • コーディネート結果だけでなく、ショッピングやカウンセリングの時間そのものを楽しんで頂くこと
  • お客様の意思を尊重してご要望を叶えるため、良いコミュニケーションをとること

こういったことを大事にサービスを行っています。

最後に、フィーリングです(^^) 理屈はないけど「なんだかこの人いいな」と思えるスタイリストというのも大事かと思います。

みなさまが、ご自分にぴったりのパーソナルスタイリストに出会えることを願っています(^^*