パンツスタイル 春の配色

3月も下旬になり春らしくなってきましたね。暖かくなったと思って春仕様の服で出かけては「寒!」となることもあり、寒がりな人には、温度調節が難しい季節でもあります。それでもやはり春のお洋服の売り場はカラフルだし、ウキウキしますよね♪

パンツスタイルのカラーコーディネートをしてみました。まずは、私のパーソナルカラー(サマータイプ)でもあるピンクとブルーを使って。パーソナルカラー分類としては夏ですが、一般にパステルカラーというと春のイメージでもあるので、紛らわしいですね(^^;

写真左側は、今季トレンドのピンクのスキニーに、白のクルーネックカーディガン、ベージュのパテントのパンプスというシンプルなスタイルです。

20140313-1

私は(骨格、体型的に)こういった、ベーシックかつシンプルなアイテムで固めたコーディネートが得意ではありません。骨が小さく肉付きもしっかりしていないせいか、寂しげになってしまうことが多々・・・マニッシュでかっこいいスタイルへの憧れは捨てきれないのですが(~^~;

それがパーソナルカラーを取り入れることで、苦手なスタイルがだいぶ「マシ」になるのです。パーソナルカラーには、使い方次第でトータルのバランスをカバーしてくれる効果が確かにあります。

Facebook でもご紹介したことがあるのですが、私がか〜な〜り苦手なエスニックテイストも、パーソナルカラーのアイテムにすることによって、着こなすことができます。

写真右側は、薄いカーキのカーゴスキニーに、アイスブルーのVネックニット、腰に巻いてあるのは、蛍光ブルーのニットパーカーです。ネオンカラーが流行った去年に買ったもので、そのまま着ると派手派手なのですが、これくらいの分量だと差し色としてちょうど良い感じ。

また、私のように華奢な夏タイプの方が、ベーシックなトップスにパンツを穿く場合には、靴をフェミニンにすると全体のバランスが取れるように思います。

お洋服のカラーコーディネートをする時に考える要素は、パーソナルカラー、トレンド、季節感。いつも3つ全部を満たすのは大変かもしれませんが、上手に取り入れられると、素敵なコーデになると思います♪

関連記事

  1. レーススカート *ネイビー編*:肌寒い春先の一日のコーデ

  2. 真冬のレーススカート:ホワイト〜グレーのモノトーンコーデ

  3. 真冬のレーススカート *その3* × アウターで雰囲気チェン…

  4. シンプルカジュアルをレースインナーでバランスよく♪

  5. オールインワンをホワイト小物で着こなしてみました

  6. ミモレ丈スカートのカジュアルコーディネート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018.10.12

    骨格診断を受けても似合う服が買えない理由

  2. 2018.09.22

    ファッション&コーチング コラボセミナー参加者様のご感想…

  3. インタビューを受ける高尾香織

    2018.09.20

    3wBEeさんのウェブサイトに取材掲載していただきました…

  4. 骨格診断に使うアクセサリー

    2018.09.08

    2018年9月17日(月・祝)パーソナル骨格診断&コーデ…

  5. 2018.08.22

    お客様へのご連絡

  1. 2018.10.12

    骨格診断を受けても似合う服が買えない理由

  2. インタビューを受ける高尾香織

    2018.09.20

    3wBEeさんのウェブサイトに取材掲載していただきました…

  3. 2017.01.26

    骨格診断ウェーブタイプのお客様:プチプラでも品格あるオフ…