「「信頼を得る装い」を後輩にプレゼントできました」ー 匿名希望様より

パーソナルスタイリストの髙尾香織です。

今回ご紹介するのは、パーソナルショッピングコースを後輩の方へのプレゼントされたいということで、ご依頼くださったお客様からのご感想です。

お申し込みくださった方とスタイリングを受ける方が異なる、このような形でのご依頼も時々いただいておりますが、お客様が後輩の方と想っておられる深い気持ちと、受け取られた方の喜び、両方を感じて幸せな気持ちになるスタイリングでした。

贈る側からみたスタイリングサービスの所感を掲載させて頂くのは初めてですが、こんな想いを持ってご依頼くださるお客様のためにも、スタイリストとして身を引き締めたいと思いました。

ご依頼者のお客様が、どのような理由で弊社のパーソナルスタイリングを選ばれ、何を感じ得られたのか、ぜひお読みください。

◼︎プレゼントの目的

パーソナルスタイリングは仕事上の後輩(男性)に贈ったものでした。

私たちはサービス業ですから、人と関わったり、人前に出ることが多いのですが、特に服装の指定があるわけではありません。多くの人はなんとなくこういう感じ、という感覚で服装を選んでいるのだと思います。

このたび、後輩は自分の責任でサービスを提供できる立場に立つことになったため、あらゆる意味でプロ意識をしっかりと持つことを意識する必要が出てきました。

服装に関しては、なんとなく選んでいる、という感覚から脱して、お客様がどう自分を見るかや、その場にふさわしい服装であるかどうか、また、自分の価値を落としてしまっていないかなどの自分の影響力に繊細になり、感受性を高めてくれるのではないかと感じたため、パーソナルスタイリングサービスを贈ろうと考えつきました。

◼︎弊社を選ばれた理由

スタイリングサービスの質の高さが、一番大きな理由です。

高尾さんのスタイリングには信頼感がありました。
なぜなら、高尾さんのスタイリングサービスを使った男性を数人存じ上げておりますが、
利用後、どなたもスタイルアップした姿をキープしておられ、また、ご自身でアレンジを加えていくような積極性も見ていたからです。

どの男性も「センスのいい人だな」と感じられる姿に変化し、リバウンドがないのです。

実は以前、別のスタイリストさんのサービスを利用した男性が、なぜかすぐに元に戻ってしまったのを見ていたため、何が違うのだろう? と、
考えていたのですが、高尾さんの得意分野が大きく関わっているように感じていま

◼︎「別人」ではなく「なりたい自分」になる

スタイリングサービスというのは、一種の「変化」を提供するものだと思いますが、特に男性は保守的であるのが一般的なため、なかなか変化しにくいのが普通です。

しかし、高尾さんは、男性の「変化への怖れ」のケアは得意分野のようで、また、理論的かつ実践的な理解を落とし込ませるのが上手なのだわかりました。

もともと、大学の教員でいらしたというバックグラウンドもおありと思いますが、導入および教育のフェイズには、特に高いパフォーマンスを発揮されるのだと思います。
これが、頭でしっかり理解すると、変化の価値を受け取りやすくなる男性の利用者と、
とても相性がいいのだろうな、と感じています。

しっかり落とし込める、ということは、効果が継続的(時には永続的に)である、ということですから、なんとも費用対効果の高いサービスだと思いました。

面白いな、と思ったのが、「まったくの別人」になるわけではないこと。
自分ではない別の誰かになるのであれば、心の特性でもある恒常性(現状維持)の側面からも、リバウンドの可能性が示唆されます。
ドラスティックな変化は、変身願望は叶えるかもしれませんが、「今の自分」と乖離しているため、元に戻ってしまいやすいのだと理解しています。

高尾さんのスタイリングサービスによって得られる自分の姿は、
決して「今の自分」と乖離しているものではなく、利用する人自身の自己肯定感を土台にした「なりたい/ありたい自分」に、なれるものだと思います。

「なりたい/ありたい自分」を発掘し、「今の自分」との架け橋を、適切につなげていくので、別人ではなくあくまでも「今の自分」の延長線上にある、発掘された「本来の自分」になれるため、変化した後に「違和感」がなく、でも「あ、おしゃれになったね!」と、感じられるように、自分自身の表現が洗練されるのだと思います。

プレゼントの相手が男性であったため、これまでの実績から、高尾さんならなんとかしてくれる、という直観でサービスの利用を決めましたが、贈る側にも都度、適切なご報告やご提案をいただき、大変満足しております。

贈った相手の洋服のセンスや、自分が見られていることへの感受性の変化、および効果の持続は私たちにとって、とても嬉しい結果です。

スタイリングサービスを受けた後の後輩に、仕事の手伝いをしてもらったのですが、
お客様が彼に対して信頼感を感じているのが伝わりました。さりげなさ、というかたちで出てくる「彼らしさ」は、人を支える側の私どもの仕事にとてもふさわしいと感じております

また、その後も姿を見るたびに「似合っているな」「センスがいいな」と、感じることしばしばです。

◼︎パーソナルスタイリスト髙尾香織について

高尾さんは、ほんとうに一生懸命尽くしてくださり、贈られる側の情熱もインスパイアするようでした。
また、提案そのものには、多くの選択肢の中から最善のものをチョイスしていただいているのが伝わり、念入りな下調べに基づく繊細さを感じておりました。

親しみやすいお人柄ではありますが、利用者に敬意を払うありかたと、礼儀正しさによって、大変誠実な人であると感じております。
とても気持ちよく、サービスを享受することができました。

また、機会があればよろしくお願いいたします。

今回のお客様のご利用くださったメニューはこちらです。
パーソナルショッピングコース

関連記事

  1. 骨格診断ストレートの「大人可愛い」の作り方:きれいめ編 R…

  2. *骨格診断ミックスのお客様*「私はウェーブ?ストレート?紐解…

  3. パーソナルスタイリングの効果を最大化する:一度の変身で終わら…

  4. 《ご感想》「長年の洋服を手放し、眺めて嬉しいワードローブに」…

  5. ファッション&コーチング コラボセミナー参加者様のご感想まと…

  6. 「普段はとっても悩む私が、ほとんど悩まずレジに直行」ー C.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。