骨格診断を受けても似合う服が買えない理由


私はパーソナルスタイリストの仕事を始めて2年めに骨格診断を学びました。4年前の2014年のことです。その頃はまだ骨格診断は一般には浸透しておらず、自分の骨格タイプを知っている方は少数派でした。その後、骨格診断は一種のブームとなり、簡易的な診断が受けられる百貨店のサービスは予約の取れないほどの人気、書籍は何冊も出版され、ファッション誌の特集でも頻繁に骨格診断特集が組まれるようになっています。

けれども、これだけ骨格診断が普及しても似合う服が自分では買えないというお客様からの相談は絶えません。骨格診断を受けたことで服が買いにくくなってしまった、というお悩みもちらほらと。せっかく診断を受けても悩みが深まってしまっては残念ですね。この記事では、骨格診断後に似合うお洋服に出会えない原因と解決法をパーソナルスタイリストの視点でまとめました。

(1) 服探しのマニュアルだと思うと迷路にはまる

骨格診断が「似合う服に出会える魔法のルール」だと謳った本も出版されていますが、果たしてそうでしょうか?

◆骨格診断の理論的限界

ある骨格診断の本では、ファッションアイテムと骨格タイプを結びつけて、例えば、ワイドパンツーストレート◎, ウエーブ×, ナチュラル◎と書かれています。けれども、よく売られているタイプのワイドパンツに、柔らかいとろみ素材でウエストラインが高い位置にあるもの、さらに右の写真のように共布ベルトがついていたりすると、ストレートの方が着ると太って見えます。こういったワイドパンツはウェーブタイプの方が違和感なく穿きこなせます。(※右写真:私はウェーブタイプです)

 

 

 

 

 

 

 

同じ本中のストレートタイプに合うスカートの欄には

タイトスカート◎、台形スカート×、フレアスカート×、プリーツスカート×、ティアードスカート×

との記載。えっ!ストレートタイプってタイトスカートしか穿けない??

と驚かれた方、ご安心を。私もです(汗)×のついているプリーツ、フレア、ティアードもストレートタイプに似合うものを見つけるのは不可能じゃありません。現に私はすべてストレートのお客様に提案経験がありますし、台形スカートなどは、ストレートタイプに積極的に似合うデザインだと思っているほど。(※右写真:ストレートタイプのお客様。とてもお似合いです)

このように、OKかNGかは、骨格診断タイプ(ストレート/ウェーブ/ナチュラル)ごとにNGアイテム, OKデザインなど一括りにしてしまうことって実際にはできません。

◆顔タイプ診断のこと。年代や身長による個人差も大きい

骨格診断のセオリーが除外している要素として影響が大きいのが顔立ちです。これに関しては最近「顔タイプ診断」という新たな診断手法が出てきました。(顔タイプによる診断結果と骨格診断の結果が食い違う場合には、さらなる課題が発生しますが、ここでは扱えない大きなトピックですので項を改めてお伝えします)

それから、スタイリングの経験上無視できない要素は年齢と身長です。例えば、170㎝を超える長身の方や60代以上の方は骨格がウェーブタイプに該当していても、ウェーブに似合うとされているフェミニンでスイートなテイストで全身を固めてしまうと違和感が拭えないことが多いのです。同じように、胸元を開けた方が素敵なストレートタイプも60代後半以降は開けすぎない方がいい場合も多いと感じます。

これは私のスタイリング現場からの経験則です。他にも、O脚・X脚や、ふくらはぎの張り具合など、脚の形は骨格診断の3タイプとは関係なく各タイプいろんな方がいらっしゃいます。なので、どの骨格タイプよりも、個々人がどんな脚かによってスカートのベスト丈やスキニーパンツが似合うか等々は変わってきます。

骨格診断のセオリーを知って「そうだったのか!」と目から鱗が落ちることは素晴らしいのですが、それはお洋服について漠然と感じていた違和感や疑問に対し、明確な説明が得られるから、という方のように思います。不正解の根拠をセンスや感性頼りではなく、はっきりとロジカルに教えてくれるから納得できるのですね。けれども「教え」の一つ一つを守り、まるでマニュアルのように忠実に似合う服を探そうとすると、服選びに的外れな制限がかかり、迷路にはまることになります。

(2) 見なれない、着なれない、買いなれない

診断を受けても似合う服が見つけられない理由の二番目は、骨格診断から似合うと言われたお洋服がこれまで馴染みのないテイスト・系統であることじゃないかと思います。

だいたいにおいて、診断結果が自分の好みにぴったり合っていたという方は少数で、好きな服とは全然違うタイプだった方が過半数です。骨格診断やパーソナルスタイリングに興味を持つきっかけは、それまで「好みでなんとなく」着ていた服に違和感が出てきたり、疑問を持っている方々なので「似合う」と「好き」の乖離がある状態が普通なのでしょうね。

そんなわけで、診断で似合うと言われたその服は

見なれない・・・似合っているかどうかが感覚的に分からない

着なれない・・・自分じゃないみたいで落ち着かない

と、戸惑ってしまうのも無理のないことです。

一方で、スタイリングの現場では「見なれない服。だけど、なんだかとても良いかも」「似合うってこういうことね!』と感じて下さる方も多いのです。(そうでないからといって落胆することはありませんヨ!)自分で選んだ服への違和感が強かった方ほどそのギャップを感じ取りやすいのかもしれません。

そして、一番の障壁は

買いなれない・・・どこに売っているのかがわからない。選び方もわからない。

Vネックのトップスを着てこなかった人がストレートタイプと診断された場合、いつも行っているショップにあったとしてもまず眼中に入っていません。だから、どんなVネックのアイテムを買ったらいいのか見当がつかなかったり、良し悪しも分からなかったり。

骨格診断士によっては、ストレートはユニクロ、ウェーブはGU等と、アイテムどころかブランド全体で括ってしまわれる方もいらっしゃるようです。これは、似合う服のテイストをそのブランドのイメージで理解するという意味では良いのですが、現実の服選びの指針としてはほとんど役に立ちません。例えば、ストレートは「シンプルベーシック」が似合うからユニクロと結びつけられるのでしょうが、当然、ユニクロの全アイテムがストレートタイプの方に似合う訳ではないんですね。むしろ素材感の面では、ストレートタイプが使えるユニクロのアイテムは限られます。

(3) 大切なのは診断結果ではなく、それをどう生かすか

骨格診断が正確さに欠けていてマニュアルとしては使えず、自分になじまないのならどうすればいいのでしょうか?ーー大切なのは、どんな診断結果を得たかではなく、それをどう使うか。

◆正解探しではなく、自分の体型を知るツールにする

究極的には異なる体型をしている全員。それを分かりやすく3タイプで分類しているのが骨格診断ですから、例外のあるルールになってしまうのも仕方のない部分ではあります。ここで言いたいのは、骨格診断は役に立たないという残念な結論ではなく、骨格診断は「服選びの正解」を教えてくれるものではなく、自分の「体型の特徴を知るツール」と考えれば、頼もしい道具になってくれるということです。

最も大事だと私が思うのは、骨格診断は、どんな視点で自分の体を見ればいいのかを教えてくれる点です。例えば、骨格診断で重視される体の厚み。それと似合うお洋服のデザインを結びつけて考えたことはありましたか? 恥ずかしながらパーソナルスタイリストになる前の私はありませんでした。これまで知らなかった観点を得て自分自身を新しい目で見られること。これがエッセンスだと思います。

それから、パーソナルスタイリストになる前は、素敵に見えない服や様にならないコーディネートがあると、スタイルが悪いから、背が低いから、着る人が着れば素敵なのに・・・と、思わずコンプレックスに直結して考えてしまっていました。けれども骨格診断やカラー診断は、似合わない理由、いまひとつ垢抜けない原因は、他人と比べた美醜ではないところにあることと、その根拠をはっきり示してくれます。それが各種診断ツールのまたとなく優れた点です。

◆ファッションの幅を広げて成功体験を積む

さてそんなパワフルな骨格診断ですが、自分の好みとは逆の診断結果になってしまう人の多いこと・・これが悩ましいところです。かわいい服が好きなのに診断結果はストレート(またはナチュラル)、かっこいい服が好きなのにウェーブタイプでショックだったなど、骨格診断あるあるですね。

たとえ診断結果を出されても、これまで培ってきた好みはすぐには変えられません。またその「好き」はあなたの内面の大切な一部なのですから変える必要もないんですよね。

けれども「私はこういうのが似合うから。あれは似合わないから」という長年の思い込みが、似合うお洋服を遠ざけていることがあるのも事実です。

似合うと診断されたものが意外であっても、とりあえず着てみる、というチャレンジも大切です。あくまでも自分のファッションの方向性を増やすつもりで。

好きなお洋服は着ているとますます板についてくることがありますが、逆も然りです。たとえ最初は良さが分からなくても、似合うお洋服がご家族に好評だったり職場で褒められたりしているうちに、だんだんと自分になじんできたり、着ることで「好き」に変わってくることもあります。そうやって、ビジュアル面の成功体験を積み重ねることで自分のスタイルになっていく。ファッションが楽しくなって、自信がついていく。ファッションの幅を広げる時、骨格診断の裏付けがあると思い切ってチャレンジできますね。

私のチャレンジアイテムの一つがヒョウ柄です。アニマル柄を積極的に着ようと思ったことは骨格診断以前にはありませんでしたが、今ではワードローブにないと足りない気がするアイテムの一つですし、これをどうコーディネートするか考えるのもワクワクします。

ファッションは人を幸せにしてくれるもの

ある素敵なマダムの名言ですが、診断ツールがそんなワクワクを生み出してくれればそれが「正解」ではないでしょうか。

関連記事

  1. 骨格診断ウェーブタイプのお客様:プチプラでも品格あるオフィス…

  2. 骨格ストレートタイプのレディースビジネススーツーM.I.様 …

  3. 本当に似合う一軍の服でワードローブ再構築中のアラフィフのお客…

  4. 真っ赤なスカートからボーイフレンドデニムまで着こなす素敵な6…

  5. 骨格診断に使うアクセサリー

    2018年9月17日(月・祝)パーソナル骨格診断&コーディネ…

  6. アラフォーに相応しく「女性らしさ」を洗練させる 高野光様 3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018.10.21

    骨格診断ストレートの「大人可愛い」の作り方:きれいめ編 …

  2. 2018.10.12

    骨格診断を受けても似合う服が買えない理由

  3. 2018.09.22

    ファッション&コーチング コラボセミナー参加者様のご感想…

  4. インタビューを受ける高尾香織

    2018.09.20

    3wBEeさんのウェブサイトに取材掲載していただきました…

  5. 骨格診断に使うアクセサリー

    2018.09.08

    2018年9月17日(月・祝)パーソナル骨格診断&コーデ…

  1. 2018.10.21

    骨格診断ストレートの「大人可愛い」の作り方:きれいめ編 …

  2. 2018.10.12

    骨格診断を受けても似合う服が買えない理由

  3. インタビューを受ける高尾香織

    2018.09.20

    3wBEeさんのウェブサイトに取材掲載していただきました…

  4. 2017.01.26

    骨格診断ウェーブタイプのお客様:プチプラでも品格あるオフ…