私は、モデルや芸能人ではない一般個人の方を対象に、スタイリストをしています。R0000603small-1

そのお仕事のなかで一番大切にしていることは

気合いの入ったすごくお洒落なファッションよりも

その方の個性を活かし

その方らしいファッションを提案したい

ということなんです。

スタイルなど容姿が抜群のモデルさんとは違って、私たち一般人にはどうしても似合うお洋服と、頑張ってもうまく着られないお洋服があります。

肉体的なコンプレックスを持っていない方に出会ったことが私はありません。

けれども一つ自信を持って言えるのは

魅力や長所がない人は一人もいない

ということ。

ご本人にはご自分の短所や欠点しか見えなくなっていても、その人の体型やお顔立ち、お肌や髪の毛などのパーツ、醸し出す雰囲気にも、その人にしかない輝きがあります。

私は、お一人お一人の、そんなキラキラを活かしたスタイリングをしたいと常々願ってやみません。

そして、そういう外見の個性を活かす上で大切なのが、その人のライフスタンスや価値観といった内面性です。

いくら似合うお洋服を集めてコーディネートをしても、その方が心から好きだと思えなかったり
気持ちや生活にしっくりきていないファッションでは毎日を心地よく過ごしてもらうことはできません。

それではいくらお洒落な服を着ても意味がありません。

ですから、個人のスタイリングの一番最初に行うカウンセリングでは、お客様の外見だけではなく内面についても、必ずおききします。

「似合う」と「好き」は違う

 

大勢の方が実感されていることではないでしょうか。私自身いつもこれと戦っています。

自分の「好き」を大事にしながら、「似合う」「素敵」「おしゃれ」を追求する手助けをするのが、私の使命だと、ちょっと大げさですが、そう考えています(^-^)

 

 


アメブロの読者様より、LLBean のトートバッグについてご質問を頂きましたので、私の所有品をご紹介します★

大きさや色、デザインに様々なバリエーションがある、LLBean のトートバッグは、とても丈夫で優秀です。

が、いざ買おうとすると選択肢が多くて迷ってしまう方も多いようです。そこで、私の場合の選び方をお伝えしたいと思います(^-^)

■SサイズとMサイズ

私の持っているLLBean トートバッグは、全部で3個あります。

まずご近所スタイルでよく使うこの2つ。

shopping20141205_01 2

右側が、一番シンプルな「ボート&トート」のオープントップ(蓋なし)のタイプでハンドルの色はネイビー。

左側が「ショルダー・ストラップ・トート」のブラックです。こちらは開け口にジッパーがついています。

どちらも表示サイズは「スモール」ですがオープントップのほうが、高さが少しあり、持ち手も長いので縦長に見えますね。

私が普段使いするには、スモールサイズが、見た目のバランスも、使い勝手も良好です。

●ショルダーストラップS(ブラック)を持った時●

outfit20141116_02-1

●ボート&トートS―ネイビーを持った時●

outfit20141127_01

私の場合は、頻繁に着るブルー系のコーデ用にネイビーと、モノトーンや黒×ベージュのコーデ時用にブラックを、2つ購入しました。

ネイビーとブラック、僅かな色の差ですが、受ける印象はけっこう違いますし、コーデにぴったりはまると気持ち良いんですね(^-^)

スモールサイズの容量は見た目以上です。
ボート&トートはスモールサイズでも1.5Lのペットボトルが3本入るようです。生地も見た目以上に頑丈なので、実際にペット3本入れても大丈夫そう。

残りの1つは、ソリッドカラー・ボート&トート。本体とハンドルが同じ無地のタイプです。こちらは旅行にも持って行きたくてMサイズにしました♪

shopping20141205_03

ナチュラルという生成り色の生地にネイビーの刺繍糸が好みど真ん中です~❤❤

文字の糸の色は、オンラインストアではショップのほうで決められて変えられないのですが、実店舗で買うと自分で選べるみたいですよ☆

●ソリッドのMサイズはこの時に持っています●

outfit20141126_05-1

こちらはスモールサイズよりも、ちょうど一回り大きい。一泊旅行には本当に最適の大きさでした。

shopping20141205_02

 

■モノグラム(文字刺繍)について■

私は3つとも違うモノグラムになっちゃいました。

shopping20141205_01

最初に作ったのが、中段のブラックなのですが、菊池京子さんにインスパイア(笑)されてブロック体のイニシャルに。

ただし、元英語の専門家としてはピリオドはTとKそれぞれにつけないと気が済まないという、ちょっとしたこだわり発揮(^^;

なかなかよかったのですが、いっそピリオドは無しにしてはどうだろうと、ネイビー(上段)のオーダー時は「てん」を取っちゃいました。

(下段)ソリッドのミディアムサイズは「クラシック体」にしました。3文字限定なので、イニシャルでは足りない(汗)

旧姓を入れてみようか、とか、いろいろ考えたのですが、カオリーヌ=KAORINE の子音を取り出してKRNに(単純 ^^;)

3つのアルファベットを並べた時、旧姓だとTHKになってなんだか可愛くなかったのです(>。<)

他には「フレアー体」というフォントも可愛くて迷いました。

■選ぶ時に考慮すべきポイント■

という訳で、トートの選び方のポイントです!

ポイント1
いつどこで使うトートか?

トートバッグなのでファッション性以上に用途も重視ですよね★

ポイント2
そのシーンで自分がよく着るお洋服は?

自分が好きでよく着るコーデの色に合う色がベストです。
いろんな色を着るという方は、シンプル&ベーシックな色が合わせやすいですよ。

ポイント3
トートの大きさも、文字入れも、全体のバランスを見て
バッグの大きさは、ご自分の体とのバランス。文字は、バッグ全体とのバランスです。

この3点を上手くイメージして選ぶと失敗が少ないかと思います(^-^)

LLBean のトートバッグ、とても可愛くてご近所スタイルを格上げしてくれる存在です。

3個は誤算でしたが、よく検討したので全部使える買ってよかった今年の収穫です~❤

 


雑誌やファッション指南本によく載っているコーディネートの基本テクニックとして、
色のリンクを作る、というのがあります。

例えば

・トップスに柄物を着るときにはボトムスは柄の一色と同じ色にする(逆も同じ)

・バッグとベルトと靴の色を揃える

などが、よく言われますよね(^-^)

私は子どもの頃、母から教えられ「ほーーー!!」と思ったのを良く覚えています。

そんなことを思い出しつつ、色をリンクすることの効果を手持ちのアイテムを使って確認してみたいと思います❤

用意したのは、グレーのウールのコートと、はっきりとした赤のバッグ、チェックのマフラーです。

マフラーの柄は、ブラックウォッチという名の伝統的なチェックで、ネイビー、グリーン、黒の
組み合わせ。

theory20141209_02

バッグの赤のアクセントが効いていて、グリーンと赤は反対色なので相性も良し。

とりたてて変なところはありませんが、ごく平凡なカラーコーデかもしれませんね。

次に、マフラーを少しだけ柄の違うものに変えてみるとどうでしょう。

theory20141209_01-1

コーディネートにまとまりが出て、より完成度が上がったように感じませんか?

こちらのマフラーも1枚目と同じく、ネイビーとブルーがベースなのですが
赤の細いラインが入っているのが違いです。

 

theory20141209_03-1

この場合のポイントは赤という挿し色の分量。

マフラー全体が赤だと色のリンクは出来ますが、アクセントの量が多すぎて野暮ったくなりそうです。

また、靴を赤にする場合は華奢なパンプスくらいなら良いけれど、ブーツになるとちょっと多すぎかも。

これは赤が鮮やかでインパクトのある色だからですね。
もっとソフトな色やベーシックな色ならばもっと分量があっても大丈夫です★

という訳で・・・色のリンクを作る際のポイントは

  1. 色のリンクは少量でも効果があります。
  2. 鮮やかな色をアクセントにする時は分量を考えて。

 

コート等のアウターや、手袋やマフラーの小物など

身につけるものが増える冬スタイルの参考になれば幸いです❤