今日は久しぶりに骨格診断について♪

ここのところ、骨格診断の知識が広まるにつれて
ご自分のタイプを知った上で
スタイリングやイベントにいらっしゃる方も増えてきました。


先日パーソナル骨格診断&コーディネートレッスン
ご利用下さったお客様についてのお話を☆


先月、サロンレッスンに来てくださったお客様は
ある方には骨格ウェーブタイプ
別の方にはストレートタイプと診断され
どう選んだら良いのか分からない、とのお悩みでした。

私が体型の特徴をじっくり見せて頂いたところ
確かに、ウェーブタイプ的だと思える要素と
ストレート的要素が混ざり合っている体型です。

これは、診断結果が割れるのも無理はないかも・・・

と思うと同時に、骨格タイプを一つに決めてしまうことで
かえって似合う服にたどりつけなくなってしまう
方も
いらっしゃるのだ、と考えさせられました。

とはいえ、一つにタイプを絞ることなく

「あなたはウェーブとストレートの混合型です」

と言われてもどっちの服を選んだらいいのか混乱しちゃいますよね。
(診断してる方は思わず言ってしまいそうになるのですが

もちろん、どちらのアイテムも同等によく似合う、ということなら
無問題なのですが、そういう方を見たことが私はありません。

どのタイプの骨格体型にもそれぞれ違った魅力と強みがあり
それらが両立することは少ないからこそ、タイプの分類が
役に立つ訳ですから。

最近は骨格診断についてメジャーな雑誌でも取り上げられる
こともあり、診断の目安となる「チェックポイント」も
紹介されています。

手首の形状(丸い OR 楕円)、鎖骨や肩甲骨の出方など、
ご自分でも判断できそうな診断基準が載っていますので

典型的な◯◯タイプの方は、これで分かることもあります。


けれども、
診断基準をどれだけ満たしていればストレートだ、ウェーブだ、
とは言い切れない部分が骨格診断にはあるのも確かです。


そこで大切なのは、診断をする側が
それらのチェックポイントの根拠となる
基本的な考え方を
よく分かった上で見ていることだと思います。

そのためには

チェックポイントを機械的に見ているだけではダメ

なんです。


人間の体型は千差万別ですから
ウェーブ的でありながらストレート的な方もいます。
ストレートとナチュラルのミックスの方もいますし
ナチュラルとウェーブの間のような方もいらっしゃるんです。

個性が人の数だけあるからには
骨格タイプをどれだけ細分化しても
全ての方にとって完璧な診断はできないと私は思っています。


そして、お客様にとって大事な情報は

もしウェーブとストレート両方の要素がある方だとしたら
その方のどういう点がウェーブで、どの点がストレートなのか


さらに

その部分がどこかによって、お洋服選びで気をつけるポイントは
全く違ってきます。


今回のお客様ならば、上半身がストレート的にしっかりしているのですが
下半身は腰のくびれがくっきりしているウェーブに近い体型でした。

これが上半身・下半身が逆なら、
同じウェーブとストレートのミックスタイプと言っても
お洋服の選び方も反対になります。

お客様にはそこをしっかり理解して頂いてお帰りいただきました。


お客様のご感想》

骨格の特徴を高尾さんに紐解いて頂いたことで
本当にスッキリしました!

今まで自分には似合わない、野暮ったいと漠然と感じていた
アイテムについて、理由が明確になりました。

骨格を丁寧に見て頂けたので、基本はストレートとしつつも
ウェーブのボトムスを合わせることが分かりました。

診断後は雑誌やショップのマネキンの見方が変わり
単にデザインが気に入って飛びつくのではなく
自分の骨格に合っているのかを冷静に考えるようになりました。

(S.O.様・30代)

private20151030-1

 

私が骨格診断やカラー診断を行う目的は

正しい診断結果を出すこと ではなく
その方に一番似合うお洋服を着て頂くこと

もちろん、似合うものを一通り知ったうえで

ベストとは言えないけれど好きなものは好きだから着ちゃう!

という選択はOKなんです。
というかそのご意思は積極的にサポートさせて頂きます。

私だって好きなファッションやスタイルは
似合わなくても、多少評判が悪くても(笑)止めません。
似合わない部分をカバーするテクニックは駆使しつつ、ですが。

けれども「似合う」を知った上で敢えて着る「好き」と
分からないままで着ている「好き」はちがっていると思います。

特に40代以降の大人の「素敵」には
そうして自分を客観視できているかどうかが
とても大切なポイントだと感じています。

診断結果が割れるという今回のお客様ですが
基本ストレート体型でありながら
ウェーブのボトムスもOKと分かったことで
着られるお洋服の選択肢は広がった部分もあります。

これは、じっくり体型を拝見して分析したり
実際にお洋服を着替えてもらいながら
本当に似合うスタイルに
納得しながら近づいていける
個人レッスンのメリットなんです。

グループでのレッスンや、セミナーには
他の方と比べつつご自分の個性が分かるメリットが
ありますが、細かいところまで手の届くパーソナル
レッスンもぜひご利用ください。

*****個人レッスンサービスDAYのお知らせ******

パーソナル骨格診断&コーディネートレッスン
◉11月20日(金)11時~14時 
◉12月3日(木)11時~14時  ご予約済

の枠をご利用頂ける方は
パーソナルカラー簡易診断(オプション料金 3,240円)が
無料となります。

お申し込みはサイト内お申し込みフォームよりお願いいたします。

****************************

 

 


同じ服がモデルさんほど素敵に見えない訳は「スタイルの良し悪し」ではありません。

これまでのイベント告知などで「骨格診断」や「骨格タイプ」という言葉になんだろう?と思われていた方々、沢山いらっしゃるかもしれませんよね。

そこで「骨格診断」について、改めて私なりの考え方をまとめてみました。

***************************************************

昨年★骨格診断つきグループショッピングツアー★のイベントにご参加くださったお客様からのメールに

「香織さんのブログを読むようになってから
『似合うとはどういうことなのかなぁ』と考えることが多くなりました」

と書かれていました。お客様は、イベントに参加された結果

「ナチュラルでもストレート(※骨格タイプの名称です)でも、きちんと自分のバランスに合ったものを選べばいいのだ、と分かったことが収穫です」

とも。

「似合う」ってどういうこと? そして、他の誰でもないあなたに似合うのはどんな服?

これは、スタイリストとして、一人の女性として、私が学びながら考え続けてきて、一人でも多くの方に
お伝えしたいと思っていることです。

それも、楽しく、分かりやすく。

そして、この「似合う」が分かるために、ぜひ知っていただきたいことが、ご自分の体型の特徴です。あなたの外見の個性といってもいいでしょう。

「自分のスタイルのことなら自分でよく分かっているけど・・・」

そう思われるかもしれませんね。けれども、ご自分の欠点よりも、長所のほうをたくさん挙げられる方ってどれだけいらっしゃるでしょうか?

残念ながら、私の経験では、多くの方はコンプレックスは小さなことまで細かく数え上げることができるのに、ご自分の美点やチャームポイントに無自覚であることが、圧倒的なんです。

雑誌に載っていた素敵なコーディネートを、真似してみたら全然イメージ通りのものにならずにがっくり

誰でも一度は身に覚えのある経験かもしれませんね。しかし、その原因は、

「私がモデル並のスタイルではないから」ばかりではありません。

「私とモデルさんとの個性の違い」が理由のことも十分あり得るんです。

コーディネートが素敵に見えない訳は、スタイルの良し悪しとは限りません。そのお洋服の特徴が、モデルさんを引き立ててはいるけれどもわたしの魅力を引き出すものではないという、それだけのことかもしれません。裏を返せば

そのモデルさんよりも私に似合う服があるということ。

ダイエットをしなくてもそのままのあなたで素敵に見える服と着こなしが存在するのです。

それがどんな服かを教えてくれる、便利な道具の一つが骨格タイプをはじめとする各種のファッション系診断ツールです。パーソナルカラー診断や、イメージコンサルタントの方がされるファッションイメージ分析も然り。

おしゃれ上手な方というのは必ずご自分の体に合うサイズの服を着ています。また、ご自分の得意ではないデザインの服を着る際にも、上手にカバーをしながら着こなしています。

それはご自分に似合うものと似合わないもの、得意な服とそうでない服、を決定づける、短所だけでなく強みをよく知っているから。

骨格タイプを知ることのメリットは他にもあります。

  • 無駄買いが少なくなる
  • 断捨離がすすむ
  • 「タンスの肥やし」がよみがえる

似合うものと似合わないものが分かるので、ご自分にとって「要らない服」の判断が格段に簡単になります。
逆に、クローゼットの奥に眠っていた服が着られるということが分かり

「死蔵品が蘇ったようです」

と言って下さったお客様もいらっしゃいました。

そして最後に、着回しの効くワードローブや、ミニマルワードローブを目指す方にとっては特に大事な

  • 自分に似合う「ベーシック」が分かる

こと。これは、あなたのワードローブを良いものにするために必要不可欠です。
自分にとってのベーシックが充実しているクローゼットは見ているだけでワクワクするものかもしれません。

骨格診断を受けられるサロンやアナリストの方も増えてきました。
チャンスがあれば、改めてご自分の「似合う」を学んでみてくださいね(^-^)❤