先日パンプスメソッド研究所 i/288さまにて
足の計測とフィッティングをして頂きました。

パンプスといえば痛いもの
多少の我慢をして履くもの

というイメージがありませんか?

ぺたんこ靴やスニーカーよりも
パンプスの方がスタイルアップすることはわかっているけど
痛みを圧して履こうという気概も筋力も
年齢が上がるたびに維持するのが難しくなる。

仕方ないので、ここ一番の時だけは頑張って履く!

最近はそんな状態に陥っていた私なのですが・・・

今回お話をいただいてお邪魔した
パンプスメソッド研究所で、足に合うパンプスを
初体験させていただきました☆

こちらは、全日本革靴工業協同組合連合会によるプロジェクトです。

3D計測といって、専用の機械を使用して立体的に
足のサイズと形を測って頂き、
日本人の足を研究して開発された288サイズの中から
自分に最適なサイズのパンプスを選んでもらい
その履き心地を体験できるんです。

other20160826_06

計測の結果、私の足は 22.5 B でした。
「B」というのはJIS規格で定められた足幅です。

A, B, C, D, E, EE, EEE, EEEE, F, G の10段階のうち
一般的にEとかEE、3E、Dなどは売り場でも
よく見かけるかと思いますが
Bってほどんど生産されていない細い足って事(^^;

other20160826_05

この測定データをもとに、288足の中から
私のサイズの周辺のサンプルを何足か出してもらって
フィッティングに入ります。

履き比べのため出してくださったのはこの4足。

other20160826_01-1

フィットコンシェルジュさんに細かくチェックしてもらいつつ。

other20160826_03

実際に立って歩いてみつつ。

other20160826_10

私の場合、計測値上は「B」だった足幅ですが、実際に足を入れてみたところ「A」の方が履き心地が良い事が判明。

other20160826_04
Aという最小サイズの幅が合う人は珍しいようで
コンシェルジュさんも何度も確認してくださいました。

私も、未だかつて体験した事のない感覚に
最初は戸惑い気味でしたが
実際に 22.5 A サイズのパンプスを履いた時って

足が締め付けられる感じ、当たって擦れる感じも皆無で
なんとも言えない軽やかな新感覚なんです。

ジャストフィットするものよりも
大きめ・広めのものの方が、足の各所に当たって痛い
というのも体験してみて衝撃でした。

そして「スニーカーみたい」というと
オーバーかもしれませんが本当に、走れます!

また、自分では気づかなかったのですが
ベストフィットの一足を履いている時は
そうでない一足の時と
立ち姿、歩く姿勢が全然違うんだそうです。

other20160826_02

現在購入できるのがこちらのサンプルと同じ形の
ラウンドトゥのみで、オプションでエナメルや
メタリックな革も選ぶことができます。

購入後一年は、通常のヒール交換はもとより
細かな調整を無料でしてもらえます。

other20160826_08
また今後はポインテッドトゥなど違うデザインのものも
導入を検討されているそうです。
さらに、認証規格に参加するブランドを増やしていくとのこと。

私もその場で注文したくなりましたが
予定外なのでぐっと我慢・・(^^)

靴って、少しくらい痛くてもデザインと価格で
買ってしまって、やっぱり履けないと諦める
という状態が当たり前になっていませんか?

そんな方に是非体験して頂きたいフィッティングです。
(靴の購入は必須ではなく体験だけでもOKです)

NHKで紹介されたため混雑していたそうですが
9月からは少し予約が取りやすいそうですよ音譜

お問い合わせはこちらまで→★パンプスメソッド研究所 i/288★

 


今夜はチェックシャツの選び方 *後編* です(^-^)

*前編* は問題提起したところで終わっておりました。

要約しますと・・・

骨格がウェーブタイプ(私)に似合うとされているギンガムチェックは、私のワードローブにあるチェックシャツ5枚中で1枚しかなく、3枚がよく似たタータンチェックだったというお話です。

なぜ~!?

考えていて思い当たったのが夫のチェックシャツ☆

例によって検証のため並べてみました。

ちなみに夫の骨格もウェーブタイプ。フィギュアの羽生くんも同じタイプです。
アラフォー男性ですが、学生っぽいプレッピーとか、キュートな感じのする服が似合っちゃいます。

theory20111130_02

左上から時計回りに

  1. ピンク×水色のチェック
  2. ブルー×茶色のチェック
  3. ブルー×白のギンガムチェック
  4. ブルー×グレー×赤のチェック(ユニクロ)

私と同じで、ギンガムチェックは1枚のみ。

 

 

 

 

 

けれども決定的に違いがありました。

もう一度、私のチェックシャツ一覧を見てみましょう。

theory20141130_03-1

ギンガムチェックの1枚を除いて、夫のチェックと私のチェックは、格子の大きさが違います。

そう、私のほうが格子が大きいのです。

身体の大きさでいえば夫のほうが縦も横幅もあります。

小柄な身体で大柄のお洋服を着ると「着せられた感じ」になっちゃうことがありますね。

それを鑑みると、これは意外な発見かもしれません。

どうして私のチェックシャツの柄のほうが大きいのか??

 

さらに考えた結果・・・

顔立ちの違いではないかと思います。

私はどちらかというと、くっきりした男顔です。一方の夫は、かなりの女顔。
「歌舞伎役者のよう」と言われることもある女性的な顔立ちです。

そして、目・鼻・口という顔のパーツも、私のほうが顔全体の大きさに対して大きめなんですね。

その違いが、似合うチェックのピッチの違いに反映されていたのではないか(仮説)

theory20111130_05

左側が夫のシャツで右が私の。

どちらもブルー×白のギンガムでピッチだけが違います。

試しに右を夫の身体に当ててみたら えっ!と思うくらい似合いませんでした(@@)

という訳で、今回の検証で得たことをおり込んでチェックシャツを選ぶポイントをまとめますね。

ポイント1

似合う色が入ったチェック

チェックに限ったことではありませんが、やはり似合う色に越したことはないでしょう。

 

ポイント2

骨格タイプに合ったチェック

これを知るには骨格診断が必要なのですが、Web検索をすると自分で診断する情報も出てきますので、ご興味のある方は参考にされてくださいネ♪

  • ストレートタイプ → バーバリーチェック、タータンチェックなどハッキリ、きちんとしたチェック
  • ウェーブタイプ → ギンガムチェック、千鳥格子など小さなチェック
  • ナチュラルタイプ → 上記2タイプに加えて、グレンチェック、マドラスチェックなどもOK

 

ポイント3

顔立ちに合った大きさのチェック

  • 顔がはっきり or パーツが大きい → 大きな格子のチェック
  • 顔が上品な感じ or パーツが小さい → 小さな格子のチェック

 

となります。

が、私のように、骨格タイプに合うチェック顔立ちに合ったチェックが異なり、
セオリー通りではない場合は判断に迷うところですが・・・

その場合はやはりご自分の目で確かめてみてください(^-^)

チェックシャツを合わせて鏡で見比べてみることで

変じゃないけど・・・

しっくりくる

の違いが感じられるかと思います。経験上、それでも分からないときって、どっちも100%はぴったりじゃない場合が多いものです。

ちなみに・・・夫の服選びはほぼ全部私の所業。

ですが、夫は自分がOKと思わない服は絶対に着ませんので、私が押し付けているばかりではないんですヨ!

長文をお読みいただきありがとうございました❤


 

アメブロで読者様・お客様より反響をいただきましたコラムを加筆修正してアップします。

去年の大きなトレンドとなったチェックシャツについて。

この記事を読んで似合わないチェックに合点がいき、シャツを手放した、というお客様もいらっしゃいました(^-^)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

発端は去年のユニクロ感謝祭で、安くなっていたチェックのフランネルシャツを買った時のこと・・・

着てみたいと思うチェックがいくつかありました。

09_134304002

68_127652001

69_134293

 

 

 

 

 

上の3枚を鏡の前で体に当ててみたところ、私的には、右側の一番大きな格子のタイプが着てみたかったのですが、一番しっくりきたのは下のシャツ。

outfit20141223_01

何度見てみても、自分にぴったり合ってるという感じがするのは、このブルー系の一枚でした。

なぜ〜? どうして〜?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で、手持ちのチェックシャツを全て出して検証開始★

私の持っているチェックシャツは5枚です。

どれもよく検討して買ったもので、気に入っておりまして、タンスの肥やし化しているものはありません。

theory20111130_01-1

左から順番に

  1. 赤系チェック・ウエスタンタイプ
  2. ブルー系チェック
  3. ピンクのギンガムチェック
  4. ネイビーの大きなギンガムチェック
  5. ネイビー系タータンチェック

 

(1)と(2) はネルシャツ、

(3)(4) はネルではないカジュアルシャツ、

(5) が織りが細かく比較的きちんと系です。

並べてみると(1)(2)(5) は色と素材は違うものの、チェックの格子の幅やパターンがかなりよく似てます。

特にこういうタータン系やマドラス系のチェックが好きで買っている意識はないのですが、きっとこの系統が私には似合うのでしょうね。

(3) は柄が不鮮明ですが、ピーチのようなピンクと白のギンガムチェック。夏のご近所スタイルではヘビロテです♪ が、ギンガムチェックだからというよりも色味が好きで着ています。ピンクの濃度も薄いので無地のシャツ感覚が近いかも。

ここでまたまた骨格の話になりますが

私の骨格タイプ(ウェーブ)に似合う柄の代表例として「ギンガムチェック」がよく引き合いに出されます。(お客様にもよくお伝えしています)

そのわりには、手持ちシャツの中でギンガムチェックが少ないのはどうしてでしょうか???

この謎解きは*後編*にて〜(^_^)

 


アメブロの読者様より、LLBean のトートバッグについてご質問を頂きましたので、私の所有品をご紹介します★

大きさや色、デザインに様々なバリエーションがある、LLBean のトートバッグは、とても丈夫で優秀です。

が、いざ買おうとすると選択肢が多くて迷ってしまう方も多いようです。そこで、私の場合の選び方をお伝えしたいと思います(^-^)

■SサイズとMサイズ

私の持っているLLBean トートバッグは、全部で3個あります。

まずご近所スタイルでよく使うこの2つ。

shopping20141205_01 2

右側が、一番シンプルな「ボート&トート」のオープントップ(蓋なし)のタイプでハンドルの色はネイビー。

左側が「ショルダー・ストラップ・トート」のブラックです。こちらは開け口にジッパーがついています。

どちらも表示サイズは「スモール」ですがオープントップのほうが、高さが少しあり、持ち手も長いので縦長に見えますね。

私が普段使いするには、スモールサイズが、見た目のバランスも、使い勝手も良好です。

●ショルダーストラップS(ブラック)を持った時●

outfit20141116_02-1

●ボート&トートS―ネイビーを持った時●

outfit20141127_01

私の場合は、頻繁に着るブルー系のコーデ用にネイビーと、モノトーンや黒×ベージュのコーデ時用にブラックを、2つ購入しました。

ネイビーとブラック、僅かな色の差ですが、受ける印象はけっこう違いますし、コーデにぴったりはまると気持ち良いんですね(^-^)

スモールサイズの容量は見た目以上です。
ボート&トートはスモールサイズでも1.5Lのペットボトルが3本入るようです。生地も見た目以上に頑丈なので、実際にペット3本入れても大丈夫そう。

残りの1つは、ソリッドカラー・ボート&トート。本体とハンドルが同じ無地のタイプです。こちらは旅行にも持って行きたくてMサイズにしました♪

shopping20141205_03

ナチュラルという生成り色の生地にネイビーの刺繍糸が好みど真ん中です~❤❤

文字の糸の色は、オンラインストアではショップのほうで決められて変えられないのですが、実店舗で買うと自分で選べるみたいですよ☆

●ソリッドのMサイズはこの時に持っています●

outfit20141126_05-1

こちらはスモールサイズよりも、ちょうど一回り大きい。一泊旅行には本当に最適の大きさでした。

shopping20141205_02

 

■モノグラム(文字刺繍)について■

私は3つとも違うモノグラムになっちゃいました。

shopping20141205_01

最初に作ったのが、中段のブラックなのですが、菊池京子さんにインスパイア(笑)されてブロック体のイニシャルに。

ただし、元英語の専門家としてはピリオドはTとKそれぞれにつけないと気が済まないという、ちょっとしたこだわり発揮(^^;

なかなかよかったのですが、いっそピリオドは無しにしてはどうだろうと、ネイビー(上段)のオーダー時は「てん」を取っちゃいました。

(下段)ソリッドのミディアムサイズは「クラシック体」にしました。3文字限定なので、イニシャルでは足りない(汗)

旧姓を入れてみようか、とか、いろいろ考えたのですが、カオリーヌ=KAORINE の子音を取り出してKRNに(単純 ^^;)

3つのアルファベットを並べた時、旧姓だとTHKになってなんだか可愛くなかったのです(>。<)

他には「フレアー体」というフォントも可愛くて迷いました。

■選ぶ時に考慮すべきポイント■

という訳で、トートの選び方のポイントです!

ポイント1
いつどこで使うトートか?

トートバッグなのでファッション性以上に用途も重視ですよね★

ポイント2
そのシーンで自分がよく着るお洋服は?

自分が好きでよく着るコーデの色に合う色がベストです。
いろんな色を着るという方は、シンプル&ベーシックな色が合わせやすいですよ。

ポイント3
トートの大きさも、文字入れも、全体のバランスを見て
バッグの大きさは、ご自分の体とのバランス。文字は、バッグ全体とのバランスです。

この3点を上手くイメージして選ぶと失敗が少ないかと思います(^-^)

LLBean のトートバッグ、とても可愛くてご近所スタイルを格上げしてくれる存在です。

3個は誤算でしたが、よく検討したので全部使える買ってよかった今年の収穫です~❤

 


雑誌やファッション指南本によく載っているコーディネートの基本テクニックとして、
色のリンクを作る、というのがあります。

例えば

・トップスに柄物を着るときにはボトムスは柄の一色と同じ色にする(逆も同じ)

・バッグとベルトと靴の色を揃える

などが、よく言われますよね(^-^)

私は子どもの頃、母から教えられ「ほーーー!!」と思ったのを良く覚えています。

そんなことを思い出しつつ、色をリンクすることの効果を手持ちのアイテムを使って確認してみたいと思います❤

用意したのは、グレーのウールのコートと、はっきりとした赤のバッグ、チェックのマフラーです。

マフラーの柄は、ブラックウォッチという名の伝統的なチェックで、ネイビー、グリーン、黒の
組み合わせ。

theory20141209_02

バッグの赤のアクセントが効いていて、グリーンと赤は反対色なので相性も良し。

とりたてて変なところはありませんが、ごく平凡なカラーコーデかもしれませんね。

次に、マフラーを少しだけ柄の違うものに変えてみるとどうでしょう。

theory20141209_01-1

コーディネートにまとまりが出て、より完成度が上がったように感じませんか?

こちらのマフラーも1枚目と同じく、ネイビーとブルーがベースなのですが
赤の細いラインが入っているのが違いです。

 

theory20141209_03-1

この場合のポイントは赤という挿し色の分量。

マフラー全体が赤だと色のリンクは出来ますが、アクセントの量が多すぎて野暮ったくなりそうです。

また、靴を赤にする場合は華奢なパンプスくらいなら良いけれど、ブーツになるとちょっと多すぎかも。

これは赤が鮮やかでインパクトのある色だからですね。
もっとソフトな色やベーシックな色ならばもっと分量があっても大丈夫です★

という訳で・・・色のリンクを作る際のポイントは

  1. 色のリンクは少量でも効果があります。
  2. 鮮やかな色をアクセントにする時は分量を考えて。

 

コート等のアウターや、手袋やマフラーの小物など

身につけるものが増える冬スタイルの参考になれば幸いです❤

 


これは7月のある日のコーディネートです。

穏やかだけど華やかなイエローのスカートに、両肩にレースをあしらったネイビーのブラウスという、インパクトのある配色のコーディネートは、仲良しのスタイリストの中原聖子さんが選んでくれたものです。

outfit20140719-1

黄色は私の好きな色の一つなのですが、このスカートはよく行くショップに並んでいたとしても、自分では着てみようとは思いませんでした。

ひよこのような可愛いイエローと、素材のフワフワ感。私が自分で選んで着ている服に比べて、甘さ過剰に感じてしまって怯みます。それに、ネイビーにこの分量のイエローを持ってくるのは、かなり大胆な配色でもあります。ぱっと目を惹いて

ちょっと派手じゃない? 

トップもボトムも女の子っぽくて、何だか恥ずかしい

など葛藤が出てくるのです。

けれども実際に着てみたら、全然下品じゃないし、むしろ上品かも・・。

これはアリだ

は間もなく

こういう私も、イイかも❤

に変わりました。

こうして、ネイビーのラブリーブラウスと、黄色のスカートの組み合わせは大のお気に入りに。

このお話のポイントは2つあります。

  1. これまで着たことのないものにチャレンジするには「思い切り」が必要です

  2. 「思い切り」が「個性」につながっていれば素敵になれます

 

私が甘い女の子ちっくなアイテムやデザインに抵抗があったように

黒やグレー、茶色のようなベーシックな色を着ている方に、真っ黄色の服は抵抗があるかもしれませんね。

そんな時

ここなら思い切っても大丈夫ですよ

と、OKラインを示すのがパーソナルスタイリストの役目だといえます。

どこが安全なラインなのかは十人十色です。

その人が個性(美しさ)を輝かせる方向を見極めて、思い切ってハンドルを切らせるために、サポートする。安全を確保してから背中を押す役目だともいえます。

その時使うのが、パーソナルカラーや骨格診断のビジュアル特徴をつかむ知識、お洋服に関する知識と、センスです。

 

聖子さんが私にしてくれたのは、私の体型や顔立ち、肌色、雰囲気といった個性を見てのセレクトです。

同じように私もお客様に、真っ赤なポロシャツや、鮮やかなオレンジのワンピースをおすすめしたことがあります。

それが、その方にとても似合うアイテムでしたので。

似合うということは、個性を美しく引き立てています。

個性につながってるから、素敵になれます。

お客様の「思い切り」が「個性」につながって「素敵」という結果を生みだせるよう、これからも腕を磨いていきたいと思いますheart_pink32

 

ちなみに、このコーディネートは上下ともにZARAです(^^)

 

 

 

 


 

3月6日のコラム おしゃれへの近道 *前編* :おしゃれはスキル、でもある。の続きです。

下の写真(左)は、去年の秋に、K.D.様に1HOURショッピング(リピーター様専用メニューです)でお会いした時のものです。

お仕事帰りでしたのでジャケパンスタイルでいらっしゃいました。ジャケット、シャツ、パンツ、バッグ、靴すべてベーシックで何気ないコーディネートですが、配色のバランスもよく、華奢でありながら逆三角形のK.D.様の体型が生かされたシルエットになっているかと思います。(私ではなくK.D.様自力のセレクトです)

theory201403

 

以前のK.D.様のお写真がないので十分にお伝えできないのが残念ですが、最初にお目にかかった時にはなかった「きちんとお洒落」な印象に、小さいことの確かな積み重ねを感じました。

そして、写真(右)は、K.D.様がファッションに関する知識を纏めるためのノート(K.D.様曰く『高尾ノート』・・汗)で、スタイリングやカウンセリングの中で私がお伝えしたことが、几帳面なK.D.様の字で細大漏らさず整理されています。しかもこれは清書で、メモ用ノートはまた別にあるとのこと。

この熱心さ、私も見習わなくてはと思ったくらいです(^^;

K.D.様の言によると、ファッションについて教えられるうち、おしゃれを学ぶこと自体が面白くなったようなのです。

お教えしたことはどれも高度なテクニックではなく、基本的なことです。お似合いになる色やデザイン、ベーシックカラーとは何か、配色の基本的なやり方、小物の合わせ方、お手持ちのお洋服が「着せられた感じ」になってしまったのは何故か、NGなのはどんなアイテムでそれは何故か…etc. 順番にお伝えしていきました。

それらを忠実に守って、ワードローブを見直し、お洋服選びをされていった結果、すごい速度で「おしゃれと言われる人」になられたのですね。

私が推察するに、K.D.様にとってファッションが面白くなった理由は、おしゃれもルールを知って実行していけば、確実な成果が出るというポイントじゃないかと思います。これって、おしゃれに限らず、他のスキルも同じことが言えますよね。

そうしてスキルを高める練習を積んでいくことで、今度はセンスのほうも身に付いていくと思います。

私は、誰もがおしゃれでなければならないとは思っていません。生きる上で服は必要ですが、おしゃれでなくても命に関わることはまずないでしょう。人生において何を一番大事にするかは人それぞれの価値観であり、自由なのですから。K.D.様のようにファッション・スキルの向上に意欲的に取り組む方もいれば、服装には無頓着でも充実した生活を送っている方もいます。

けれども、おしゃれが楽しめる自分になったり、K.D.様のように「おしゃれを学ぶこと」自体が楽しめるようになったりすることは、毎日服を着る私たちの人生を、きっと豊かにしてくれます。

以上のような訳で、おしゃれになるための必要条件としてではなく、おしゃれになるために誰もが取れる一つの方法としてスキル習得として楽しむことを加えたいと思います(^^)

 


 

おしゃれになるために必要な素質とは?

 

考えてみれば、いろいろあると思います。「おしゃれ」の定義自体、個々人によって違うことを考えると、様々な要因が関わってくるでしょう。が、不可欠なものを挙げるとすれば、技術(スキル)センスではないかと思います。

このうちセンスというのは、時間と経験の積み重ねで育てられるもので一朝一夕には身につけられません。色彩やデザインに関する才能も関わってくるでしょう。人によって評価が大きく異なるのもこのセンスの部分ですね。

しかし、おしゃれをスキルの一種と捉えてみると、誰もが努力によってある程度のレベルまで到達できるといえます。ファッションに関する知識やテクニックを習得する訳ですので「技能」といってもいいでしょう。

ファッションセンスが感性や感覚だとしたら、技能・スキルは理性を使って実践的に体得するもの。おしゃれにはそんな側面が確かにあると思います。スキルというからには、一握りの才能ある人だけが持ち得るものではなくて、誰でも学べば身につけることができます。

そうすれば、どんな人でも長い年月をかけずに「おしゃれな人」への近道を歩けるんじゃないかと思うんですね。

そんな考えを体現するかのようなお客様がいらっしゃいました。以前こちらにスタイリングのご感想を書いてくださったK.D.様(40代男性)です。

その記事中でも触れましたが、最初にスタイリングのご依頼を頂いたのが1年少し前でした。ファッションカウンセリングと、夏・冬のワードローブチェック、数回のショッピングアテンドを経て、記事タイトルのとおり「50人以上からおしゃれを褒められる」までに。

しかも、褒められる内容がとても具体的なんです。

「色使いが絶妙ですね」「とてもこだわりを持って洋服を選んでいますよね」のようなを射たコメントを、K.D.様が以前からお洒落でセレブっぽいと感じていた方からも頂けたそうなのです。また職場では、ファッショナブルだと評価されるK.D.様に嫉妬しちゃうお洒落好きの若者もいたとか・・・(^m^)

褒めれられる「量」のみならず実質が伴っているというわけですネ。

さて、1年間のうちにK.D.様に何が起こったのでしょうか? それは次回にご紹介します★

theory20140306