自分で自分を素敵にする「ファッション自立」:かおりーたのBEFORE&AFTER《進化版》

パーソナルスタイリストの髙尾香織です。

今日ご紹介する事例は、ビジネスパートナーでもあり、お客様でもある小島佳織さん(かおりーた)のBEFORE&AFTER 第三弾です。

かおりーたと一緒にファッション&コーチングのコラボレーションを始めて6年になるのですが、一緒にセミナーシリーズの企画をしながら、内面とファッションについての考察を深めていきながら、私のパーソナルスタイリングを通算4回受けてくれました。

その間に、単に私に言われたままの服を着ている人ではなく、自力でおしゃれなコーディネートをする力を着々とつけてきました。私たちのセミナーのゴールとする「一人一人が自分で自分を素敵にできる力をつけること」すなわち「ファッション自立」を自ら証明する人になったんです。

それを今回改めてご紹介するに至ったのは、次の出来事がきっかけでした。

◼︎ ある日、驚きの出来事が「進化」を証明する

先日こんな報告がかおりーたからあったのです。

外出先で、6〜7年ぶりの友人にバッタリ再会したのです。

声をかけたのですが、全く気づいてもらえず

「コジマです。えーっと、私、コジマカオリです。」

…名乗って、やっと認識してもらえました。笑

お友達は2人でいたのですが

「え?痩せた?」(ダイエット中ではありますが、痩せてない)

「全く別人で、全然分からなかった!」

「なんて言うか…前はアネゴって感じだったけど女性らしく、たおやかになった。」

と驚かれました。

(思わず、後で「たおやか」の意味を調べましたよ。笑 たおやかとは、姿・動作が美しくしなやかなさま。だそうです。)

「たおやか」の意味を調べてしまうところに笑ってしまったんですけど、きっと私でも同じことをするだろうと思います。たった6〜7年で顔も認識されないって、自分の何がそんなに変わったんだろう?って、知りたくなるのは自然なことですよね。「おしゃれになった」というのとは全く違う次元にレベルアップしたしるしではないでしょうか。

かおりーたと一緒に過ごしている私は「今日もおしゃれだなぁ〜!」と感じることは頻繁にありますので、今回改めて、かおりーたの最近のファッションを写真に収めました。

そんなわけで、今日のBEFORE&AFTERは私がしたスタイリングではなく、かおりーたによる自力のスタイリングです。バッグやストールなどの小物は私がアドバイスしたものも入っていますが、お洋服は全てかおりーたが自分で買い揃えたもの。そして、今のかおりーたの日常で一軍で活躍しているリアルクローズです。BEFORE&AFTER《進化版》として見ていただければ幸いです。

◼︎ ファッション自立でできること:個性的で自分らしいセルフスタイリング

*AFTER その1* 鮮やかなオレンジ色のデザインカットソーとネイビーのワイドパンツをスニーカーでスポーティに着こなしたスタイル。

ボリュームスリーブは骨格診断ストレートだと、選んで買わないと悲惨なことになりがちですが、これはいけています。スニーカーを履いていても、エネルギッシュで華やかな自分の個性を上手に演出しています。

*AFTERその2* 上のワイドパンツのジャケットスタイル。

ロゴTでカジュアルダウンしているところや、個性的な配色のヒョウ柄のストールもとても「らしさ」が出ています。ヒョウ柄ストールはストレートタイプに似合うのか?というのは、この場合愚問でしょう(似合っていますよ、もちろん!)

大人のレタードTシャツは、文字の大きさや位置、それからネックラインなどの違いで、しっくりくるものを見つけるのが実は難儀するアイテムなのですが、どこで買ったの?と聞きたくなるバッチリ具合(笑)そこにアニマル柄を合わせるパンチの効いたカジュアル感が、かおりーたという人に相応しいと感じます。

*AFTERその3* ジャケットを着回し、きれい目のオールインワンを合わせた、おしとやか系コーディネート。
イエローベースなので、黄色味のあるオフホワイトのジャケットに、深いグリーンがすごく似合います。ノースリーブでもスッキリしたデザインで体型も素敵に。

赤のミニバッグは前々からの手持ちだそうですが、あえて反対色のグリーンと合わせるのも今っぽい。旦那様とホテルでクリスマスディナーとかに、ぴったりですね!

*AFTERその4* 流行のシャツワンピースにプリーツスカートをレイヤードした、旬のコーデ。

シャツワンピはフェイクレザー、プリーツスカートはデニム、という素材の個性で遊んでいるところが上級者!そして、パンプスとバッグのパイソン柄が、モダンでちょっと尖ったテイストな点が、かおりーたらしさ満点です。

バッグは見た事がないような凝ったデザインで、すごく可愛いんです。

パイソンの本体の上に、取り外し可能なブルーのファーがついています。上質な素材でできているのでチープな感じは皆無、オーラのあるバッグです❤︎

シャツワンピースもスカートもプチプラです。スカートはウエストゴムなので、重ね着でないとムリだけど・・と言ってましたが、限られた着方しかできないということよりも、どう着るのかを考えて買うところが、さすがファッション自立人です!

次のコーディネートが最後なのですが、その前に、5年前のかおりーたの写真をここでご覧いただきましょう。(お願いして探してもらいました)こ、これは、誰かわかってもらえないのも無理はない。というかその感覚のほうが正しいのかも・・・・。

だって、今はこうだから↓

本人曰く、体重やスタイルは変わっていない(痩せていない)そうです。骨格診断の知識をつけてスタイルアップするお洋服の選び方や着方を知ったこと、そこから先に進んで、自分らしいオリジナルのおしゃれを磨いていくことで、こんな風に人って進化をするんですね。私はそばで見ていたはずで、どちらの時期も知っているのに、写真を見比べて本当に驚きました。

さて最後のコーデは、一段と彼女らしい遊び心が感じられるコーディネートです。

*AFTERその5* 同じプリーツスカートを、黒のシャツワンピにレイヤード。

ちょっと・・辺見えみりさんですか!? そう言いたくなる雰囲気の写真です。

このワンピースは上のキャメルレザーのものよりも、もっとシルエットが大きいです。そして、バックスタイルがプリーツなので、プリーツ・オン・プリーツというべきコーディネートです。(聞いたことないですが 笑)

色もブラックなので、イエローベース・ストレートタイプのかおりーたには、いろんな意味でセオリー通りではないのですが、それでも突飛な服を着ているおしゃれ感ではなく「彼女らしい素敵」がそこにあるみたいです。ファー&パイソンのバッグもすっかり板についているよう。

◼︎「進化」の背後にあったものは?

今回この記事を書くにあたり、5年間でこんなに変わった理由が何なのか、詳しくインタビューをさせてもらいました。その内容を時系列で下にまとめました。

◆かおりーたファッション自立への道《年表》

2014年 メンタルコーチとしての活動をスタート。ファッションとのコラボレーションセミナーも開始する。

始めたばかりのセミナーの日の写真です。

二人とも今より若いけど・・・洗練されてはなかったなぁ〜(笑)

2015年 様々な人との交流によりフリーランスのコーチとして活動する上で「自分が商品」であることを知り、人からどう見られるのかを意識するようになった。
が、イメージは沸かなかった。仕事上のビジョンも曖昧で、自分がどうなりたいか明確ではなかった。

それがこの頃。今と並べるからこそギャップが大きく感じるものの
センスのない人ではなかったのです。
よく似合う鮮やかなオレンジの服を着ています。

2016年 年間100本のセミナー開催を目標に掲げ、やり遂げる。その頃から自分のやりたいことがクリアに見えてきた。「その人らしい自己表現をサポートする」というビジョンが腑に落ちて、それが自分のミッションだと感じるようになる。コーチとしてのブランディングを意識し、目指す自分の姿にマッチするよう、パーソナルスタイリングに取り組むことに。

★ここが転機★

2017年 半年かけて自分の「なりたい」「好き」を突き詰めた上で、パーソナルスタイリングを依頼。春夏・秋冬と二回のスタイリングのBEFORE&AFTERは反響が大きく、弊社のサービスに対して「かおりーたさんのスタイリングが素敵だったから」「私もかおりーたさんのようになりたい」というお客様のお申し込みやリピートが増えた。

この年の春夏スタイリング詳細はこちらに:「個性と自分らしさ」を追求したスタイリング結果はヘビロテ!

この年の秋冬のスタイリング詳細はこちらに:「私史上、最強」を毎回更新しています!

2020年現在 ユーザーの一人ひとりが「自分らしいな、と感じる瞬間を多く作りたい」との想いを軸に、セミナーだけでなく個人向けのビジネスコンサル、セールスに関する教育、企業研修、ジャーナルへの寄稿など引く手はあまたで、仕事の依頼と活躍のフィールドは増えています。

5年前よりもキュートで引き締まった、可愛い横顔になりました!

◆年表を振り返って分かること

2017年の2回のスタイリングのBEFORE&AFTERの写真を見せた時、「はじめて『自分ってこういう人なんだ』とわかった」と語ってくれたかおりーた。

2016年以前にもショッピング同行は2回しているのですが、スタイリストである私自身のパフォーマンスを含め、これほどのインパクトがあり、なおかつ納得感のある形にできたのは初めてのことでした。

なぜこんな結果を生み出せたのか、かおりーたのキャリアと内面の変化のプロセスを一緒にたどってみて、そのスタイリングの直前の2016年に、コーチとしての在り方(ビジョン)が明確になった時が最大の転機だったとわかりました。

2014年から今に至るまで、私とのファッションのコラボを続ける中で、ファッションに関する知識は増え、ファッショナブルなもの、おしゃれなもの、似合う/似合わないの違いを見分ける目が自然と養われてきたというアドバンテージもありました。

けれども、ファッションの知識だけを多く仕入れていても、「どうしたいのか?」という自身の軸が定まっていない段階では、変化はまだ表面的なものだったのです。(今だから分かることですが)

「これだ!」という自分が心から求めるビジョン・なりたい理想像を持つことが、外見にも大きな影響を与えるものであることは間違いなさそうです。ビジョンと言っても、仕事のこと以外でもいいのです。自分の中の譲れない価値観や「筋」だったり、大好きなものや憧れの人だったり、世界観だったり。自分なりの軸を持つことが肝心なんですね。

そのビジョンが土台となって、外見の「あなたらしい素敵」は花開いていきます。

できることならそのプロセスで

ファッションの知識と技術を学んで、磨いて、変化に自力で対応できる力をつけ「ファッション自立」をして欲しい。

この二つの”武器”があれば、流行が変わっても、年齢による外見の変化があっても、自分なりの「素敵」のアップデートができるようになります。

そうやって、臆することなく新しい自分を受け入れ(=自己受容)、新しい視点を取り入れながら、自分の個性にしっくりくるものを一つ一つ吟味して選んできた。かおりーたが歩いたそんな道程を感じられる今回のBEFORE&AFTERでした。

最後に恒例の髙尾的美女ショットです。

もう、言うことがない(笑)自分らしく輝くってこういうこと!

小島佳織様、ありがとうございました〜!!!

小島と髙尾が、あなたのビジョンを一緒に探り、全力サポートするメニューがこちらです。イメージコンサルティング

*関連記事* 小島佳織BEFORE&AFTER、第一弾と第二弾はこちらです。

関連記事

  1. 「自分に似合う服を着るとカンタンに自信がつくのですね」平山美…

  2. ママの普段着をプチプラでアップデート C.Y.様 30代…

  3. 骨格ストレートタイプのレディースビジネススーツーM.I.様 …

  4. オーダースーツ以外のスーツを着たくなくなる理由 林宏治様 5…

  5. 「どう年齢を重ねて素敵でいられるか、大きな道しるべを貰いまし…

  6. 骨格診断ナチュラルタイプのプライベートスタイル「おしゃれをし…

コメント

    • Y.T.
    • 2020年 4月 26日

    お元気ですか?いつも楽しく読ませていただいています。かおりーたさんのbefore after大変興味深く、また衝撃をうけました。コロナが収束しましたら、真っ先にお二人のイメージコンサルティングを受けてファッション自立を目指したいと思います。

      • kaorine
      • 2020年 4月 28日

      >Y.T.様

      BEFORE&AFTERをご覧くださってありがとうございます(^-^)
      また、イメージコンサルにご興味を持ってくださってとっても嬉しいです!!
      長期化しそうなコロナ禍ですが、お買い物ができるようになった際にはぜひ!お待ちしております。
      かおりーた共々Y.T.様のコンサルティングを楽しみにしています〜❤︎

    • nyun2
    • 2020年 4月 30日

    素敵!何というか、存在感が…眩しいです。この眩しさは若い人のとはまた違う眩しさ(^ ^)そして、セルフスタイリングだからこそ⁉︎ 今までのbeforeafterも見ると、すごく素敵にスタイリングが変化しているのがよくわかりました!体型が維持できたとしても、年齢を重ねるごとに醸し出すものが違ってくるし、その年代に応じた着こなしって大事だなぁとつくづく思いました。今後の変化もとても楽しみです🎶

      • kaorine
      • 2020年 5月 02日

      >nyun2様

      いつもご覧いただきありがとうございます〜!
      以前からのも見返してくれたんでしょうか。本当に嬉しい〜!!

      「存在感が眩しい」とは・・・素晴らしい言葉ですね。ファッションの域を超えた輝きみたいな!?
      かおりーたも本当に嬉しいと思いますので、報告しておきますね。

      nyun2さんのおっしゃるとおり、年齢を重ねたからこそ表現できるものがあるんなら
      それに応じて装いも自分もバージョンアップを続けられたら最高ですね。
      nyun2さんもそれができる人だと思います。一緒に目指していきましょう〜^_^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者紹介

髙尾香織ポートレート

パーソナルスタイリスト 髙尾香織



東京都内で買い物同行、骨格診断やパーソナルカラー診断を取り入れたコーディネートの個人レッスン、ビジネスパーソンのためのイメージコンサルティングなどのサービスをしています。

「自分で自分を素敵にできる人」を増やすため、おしゃれのベースにあるロジックを分かりやすく実戦的にお伝えしていきます。


プロフィール詳細は【こちら】からどうぞ

STYLIST BLOG 更新情報メール通知

メールアドレスを入力して下の送信ボタンを押していただと、ブログ更新をメールでお知らせします。

  1. 2020.10.07

    パーソナルスタイリストとのお買い物同行ってこんな感じです…

  2. 2020.09.22

    骨格ウェーブタイプが着回すオーバーサイズのシャツワンピー…

  3. 2020.09.12

    今日のコーディネート:夏から秋へのつなぎ目ファッション

  4. 2020.09.07

    「骨格診断に囚われない、新しい私らしさへのブレイクスルー…

  5. 2020.09.01

    GUのリラックスフィットジーンズを「テイスト」を意識して…

  1. 2020.09.07

    「骨格診断に囚われない、新しい私らしさへのブレイクスルー…

  2. 2020.06.26

    甘いテイストが苦手な骨格診断ウェーブタイプの今時プチプラ…

  3. 2020.04.20

    自分で自分を素敵にする「ファッション自立」:かおりーたの…

  4. 2020.04.19

    甘いテイストが苦手な骨格診断ウェーブタイプがピンクを着こ…

  5. 2020.04.17

    お客様の声「軸となる基本アイテムを揃えたら、手持ちの服も…